[PR]

 埼玉県桶川市で昨年10月、1歳1カ月の三男に十分な食事を与えずに衰弱死させたとして、保護責任者遺棄致死の罪に問われた父親の会社員山辺拳士郎被告(25)、母親の無職仁美被告(25)の裁判員裁判の初公判が3日、さいたま地裁(田尻克巳裁判長)であった。2人は起訴内容を認めた。

 起訴状によると、2人は昨年9月ごろまでに、三男の晴(はると)ちゃんがやせ細って栄養状態が悪化していたのを認識していながら、十分な食事を与えたり医療機関に連れて行ったりせずに放置し、同10月9日、低栄養状態で死亡させたとされる。

 検察側は冒頭陳述で、拳士郎被告が「出会い系サイトや携帯ゲームを利用していた」、仁美被告は「オンラインゲームをするために実家に戻っていた」と指摘し、自己都合を優先させた結果、晴ちゃんに食事を与えず死亡させたと主張した。晴ちゃんの体重は死亡時、標準を大きく下回る約3・8キロだったという。

 拳士郎被告の弁護人は「暴力をふるったり叱責(しっせき)したりするような虐待ではない」、仁美被告の弁護人は「対人恐怖症があり、行政や親族に相談できなかった」と訴え、量刑上の考慮を求めた。(笠原真)