[PR]

 デイサービスに通う高齢者の有償ボランティア活動が盛んになっている。厚生労働省は利用者の自立支援のため、自治体に注意点を連絡するなどして活動を後押ししている。京都市にある福祉施設では木製品作りを始め、出来上がった商品が10月から雑貨店に並んでいる。いくつになっても主体的に働いて社会とのつながりを持ち続けてほしい、という施設の思いが実現した。

 京都市西院老人デイサービスセンター(右京区)では、毎週月曜日の午後、70~90代の女性6人が作業をしている。「出勤簿」にハンコを押してから、まな板とカッティングボードになる木材をやすりで磨き上げる。木目にそって、3種類の紙やすりを使い、1時間。うっすら汗をかくほどだ。

 1枚を仕上げるのに3日間かかるため、月曜の作業日以外にも進んで作業をしている。右京区の小川博子さん(85)は「一生懸命磨いて『ええ子になれ』と思ってやっている。つるっとしてくるとうれしい」。柳瀬喜美子さん(81)も「力がいる仕事。達成感がある」と話した。作業療法士の田端重樹さん(40)は「最初は不安な感じだったが、自分たちのやり方を見つけ、納期まで気にしてくれるようになった」と話す。

 京都市西院老人デイサービスセ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら