[PR]

 県立いわき海星高校の職員で、実習船の鈴木麗央(れお)2等機関士(27)=いわき市小名浜大原=が2日未明、同校の2年の男子生徒3人と一緒に酒を飲んで車を運転し、同乗した生徒2人に重軽傷を負わせる事故を起こしたことが分かった。「航海実習の打ち上げだった」と話しているという。県教育委員会が懲戒処分を検討している。

 県警によると、鈴木機関士は2日午前3時半ごろ、いわき市小名浜の県道で、酒を飲んで乗用車を運転。カーブを曲がりきれず、道路沿いの工場のシャッターに突っ込んだ。同乗していた男子生徒(16)は腰の骨などが折れる重傷を負い、別の男子生徒(17)と鈴木機関士もけがをした。

 鈴木機関士の呼気からは基準値を超えるアルコールが検出された。県警は自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで書類送検する方針。未成年者飲酒禁止法違反容疑での立件も視野に入れる。

 県教委によると、鈴木機関士と男子生徒3人は1日午後7時ごろから午後11時ごろまで同市小名浜の居酒屋で酒を飲み、さらにカラオケ店に車で移動して午前3時ごろまで飲酒した。3人を自分の車に乗せ、1人を送り届けた後に事故を起こしたという。

 鈴木機関士と生徒らは9月13日から11月12日まで漁業実習船に乗って遠洋航海実習に出ていたという。(小手川太朗)

■県教委「言語道…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら