[PR]

 屋久島名産のポンカンの収穫が始まった。3日には島南部の麦生地区の農園でハサミ入れ式があり、地元の農業関係者ら約30人が神事に参列して、収穫作業の安全を祈った。

 種子屋久農協によると、今年は台風による被害が多く、収穫量は例年より3割ほど少ない約170トンの見込み。秋以降は安定した天候が続いたため、「酸味と糖分がほどよく交ざり合った味」に仕上がったという。

 収穫は年末まで続き、主にお歳暮用として県内に出荷される。店頭価格は1キロ当たり800円ほどで、Lサイズの30個入りが4千円前後だという。(屋久島通信員・武田剛)