[PR]

 米国からの武器輸入が安倍政権で急増している。18日にも閣議決定する次期防衛大綱や中期防衛力整備計画にも、大型の米国製武器導入を盛り込む。トランプ政権の「バイ・アメリカン(米国製品を買おう)」に押され、日本の防衛産業は苦境に。目指していた国産戦闘機も実現は難しそうだ。

 「これは現代の零(ゼロ)戦だな。名称も『Fゼロ』でいいんじゃないか」

 一昨年秋の首相官邸執務室。安倍晋三首相は満足げに語った。スクリーンに映し出されたのは、日の丸の白と赤で塗装された最新鋭戦闘機の実証機「X2」。初の試験飛行で急旋回する動画を、防衛装備庁幹部らが説明していた。

 X2は、国産戦闘機の復活を目指して、防衛省と三菱重工などの日本企業がF2戦闘機の後継として開発を進めた実証機だ。レーダーに映りにくいステルス性は米軍最新鋭機F35より優れ、エンジン性能や機動性も高い。部品の93%は日本製だ。安倍首相に事務方はこう説明した。「米国の協力なしで日本もここまでがんばった。これはF2の後継につながります」

 X2の模型を手渡された首相は「早速、執務室に飾るよ」と笑顔で応じた。

 X2初飛行の様子は、米メディアも「日本も高度な技術が要求されるステルス機の保有国に仲間入りした」(CNN)と報じた。

 日本は1977年、戦後初の国産戦闘機F1を導入したが、後継のF2開発では、日米貿易摩擦のさなかで米国が自国の戦闘機購入を迫り、日米共同開発に。関係者の間では今も「技術は全てただで米国に提供し、開発資金も一方的に日本が拠出した」(防衛省幹部)と苦い思いが残る。

 航空自衛隊が現在保有するF4、F15は、米国開発だが「ライセンス料」を支払って日本企業が製造。だが両機ともライセンス生産は終了し、新たに導入するF35では、日本企業が担うのは機体の組み立てなどだけで、技術基盤の維持といった点では利点に乏しい。

 再び国産の戦闘機を造ろうと、エンジンの開発やレーダー、ステルス性など研究事業を立ち上げ、その集大成が「心神(しんしん)」と呼ばれたX2だった。

 だが、前途には暗雲が立ち込め…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら