【動画】松江で「諸手船神事」 豪快に海水掛け合い=長田豊撮影
[PR]

 「国譲り神話」にちなんだ美保神社(松江市美保関町)の伝統行事「諸手船(もろたぶね)神事」が3日、同神社と神社近くの美保関港であった。丸木舟に乗り込んだ氏子たちが豪快に海水を掛け合い、多くの見物客がその姿をカメラに収めていた。

 天神(あまつかみ)から国譲りを迫られた大国主命(おおくにぬしのみこと、出雲大社祭神)が、美保関で釣りをしていた息子の事代主命(ことしろぬしのみこと、美保神社祭神)に船で使者を送って相談した、とする古事記や日本書紀に記された伝承にちなみ、五穀豊穣(ごこくほうじょう)や大漁を祈願する祭り。氏子たちが海水を掛け合う様子から「水掛け祭」とも呼ばれている。

 2隻の丸木舟に9人ずつの氏子が乗り込み、「ヤァヤ」と声を出しながら港内を往復。海水の掛け合いでは舟から海に落ちる氏子もいて、見物客から笑い声も上がった。東京から観光で来たという20代の女性は「神話にちなんだ祭りが残っているなんてすごい。さすが出雲の国ですね」と感心していた。(長田豊)