[PR]

 大阪市西成区の歓楽街・飛田新地で売春に使われたとされる店の賃料を暴力団側から受け取ったとして、「スーパー玉出」創業者の前田託次容疑者(74)=大阪市西成区=が組織犯罪処罰法違反(犯罪収益の収受)容疑で逮捕された事件で、受け取ったとされる賃料が月45万円にのぼることが府警への取材でわかった。府警は、これら金の流れの全容解明を進める。

 スーパー玉出は大阪市西成区で創業。運営会社だった「スーパー玉出」は前田容疑者が社長を務めていた。今年7月にスーパーの営業権が売却され、現在は別会社が運営している。

 捜査4課によると、前田容疑者の逮捕容疑は売春に使われると知りながら、運営会社のスーパー玉出などが所有する土地と建物を飛田新地の料亭「銀河」(閉店)に提供。今年3~5月、賃料として暴力団側から計135万円を受け取ったというもの。府警は認否を明らかにしていない。

 府警は5月、この店で売春させる目的で女性従業員に男性客を紹介したとして、指定暴力団山口組系の極心連合会組員(65)やその内縁の妻だった女(55)らを売春防止法違反(周旋)容疑で逮捕した。

 店は女が2014年6月から実質的に経営していたことが判明。関係する口座記録などから、銀河の管理者名義の口座から実態のない会社を経由し、前田容疑者が管理するスーパー玉出名義の口座に、毎月45万円の賃料が流れていたことが判明したという。

■一代で育てた「激安スー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら