【動画】東名高速で「あおり運転」をされたワゴン車の夫婦が亡くなった事故。裁判の焦点をわかりやすく解説=根本寿彦撮影
[PR]

 神奈川県大井町の東名高速で昨年6月、一家4人が乗るワゴン車の進路を「あおり運転」で妨害して停車させ、大型トラックによる追突事故で夫婦を死なせたなどとして、危険運転致死傷罪などに問われた無職石橋和歩被告(26)=福岡県中間市=の裁判が3日、横浜地裁で始まった。亡くなった静岡市の萩山嘉久さん(当時45)、友香さん(同39)夫婦の次女の供述調書が法廷で読み上げられ、事故に至る詳細な状況が明らかになった。

 現在中学1年の次女の調書によると、一家のワゴン車が立ち寄った東名高速の中井パーキングエリア(PA)で、通路を塞ぐように車を止めていた石橋被告を嘉久さんが注意した。PAを出発後、車内では注意したことについて、友香さんと長女から「なんで言うの」「いい人だったらどうするの」と言われ、嘉久さんが「いい人だったらあんな所に車は止めない」と返していた。その直後に被告の車が迫ってきて、「来ちゃったじゃない。どうするの」と焦る友香さんに、嘉久さんが「謝る。俺が言う」と答えた。

 停車し、次女が「なんでこんな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら