[PR]

 英のロックバンド「クイーン」のボーカル、フレディ・マーキュリーの生涯を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」がヒット中だ。数々の名曲を収録したサントラ盤の売り上げも20万枚(ストリーミング含む)を超えたという。30年来、聞き続けた記者が映画を見て考えた。「ナンバー1」は、どの曲か――。

拡大する写真・図版初のサウンドトラック盤「フラッシュ・ゴードン」(1980年発表)のジャケット。けれん味たっぷりのサウンドは、フジテレビのF1中継のオープニングにも使われた(C)ユニバーサルミュージック

 思い返せば、「出会い」は1980年リリースの映画「フラッシュ・ゴードン」の主題歌だった。「ドッ、ドッ、ドッ、ドッ」で始まるあの曲だ。映画の出来はさておき、けれん味たっぷりの曲は子ども心に強く印象に残った。ちょっと前も後味さわやかなゾンビ映画「ショーン・オブ・ザ・デッド」で「マイ・ベスト・フレンド」が効果的に使われていた。

 映画だけではない。CMにドラマ、スポーツ番組と、クイーンの曲はいつも身の回りにあった。だから「ナンバー1はどれだ」と問われても、「どれもいいです」としか答えようがない。

 具体的なデータはないものか。日本でクイーンの作品を販売するユニバーサルミュージック合同会社(東京)に尋ねた。これまでCDだけで3億枚売れたというが、単純に曲別ランキングを示すデータを出すのは難しいという。

 そこで目をつけたのが、インタ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く