写真・図版

  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 丸森キャッツに、会いにゆこう。

 宮城県の南の端、山あいの町で江戸後期から昭和にかけて、猫の姿を刻んだ石碑や像がたくさんつくられた。お寺や神社に置かれたり、道端に並ぶ石碑にまぎれていたり。丸森町で見つかったのは81基。日本各地にある猫碑の半分以上を占めるという。

 案内役は、村田町歴史みらい館の専門員、石黒伸一朗さん(60)。10年ほど前からコツコツ県南を調査に歩き、誰も気にとめなかった猫碑の存在に、光を当てた立役者だ。

  …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら