[PR]

 ゲノム編集で受精卵の遺伝子を改変し、世界で初めて双子の女児を誕生させたとする中国の研究者の発表を受け、日本遺伝子細胞治療学会などの4学会は4日、共同声明を発表した。受精卵のゲノム編集は、改変の影響が世代を超えて続くため、人類の多様性や進化にも影響する重大な事態が懸念されるとし、「臨床応用は禁止すべきだ」と訴えている。

 声明を出したのは、日本遺伝子細胞治療学会、日本人類遺伝学会、日本産科婦人科学会、日本生殖医学会の4学会。ゲノム編集技術について「生命科学の研究に不可欠とも言える重要なツールで、基礎研究における活用を今後も推進する」としながらも、「精度や効率などの点で発展途上の技術であり、予期しない結果を生じる可能性がある」と指摘した。

 そして、人間の受精卵や生殖細胞のゲノム編集の禁止を訴えたうえで、国民の理解を深めるため、4学会で連携し、社会への情報提供や啓発活動を積極的に行っていく、とした。(福地慶太郎