[PR]

大阪府豊中市「サクラグリル」 長洲慶之さん(46)

 千里ニュータウンの一隅に開店し、間もなく5年の洋食店だ。店主の長洲慶之さんが「一番人気はサラダかなぁ」と、おっとりとおっしゃる。地味だなと思った私が間違っていた。山吹色のドレッシングに、ほっぺたが落ちた。

 「最初に勤めたハンバーグ専門店で、30歳くらいの時、社長に『甘酸っぱくフルーティーなドレッシングを作って』と言われたのが始まりでした」。老舗洋食店などに転職した後も試行錯誤を続け、10年以上かかってたどり着いたのが林檎(りんご)ドレッシング。太陽をいっぱい浴びて育ったサンふじとタマネギ、人参(にんじん)をペースト状になるまでミキサーにかけ、綿実油や酢などを調合しているそう。20種以上の野菜は、大阪府内の無農薬栽培農家から届いたもの。例えばゴボウはオリーブオイルで炒め、レンコンは酢漬けにと「ドレッシングありき」での調理法が駆使された“ご馳走(ちそう)サラダ”なのだ。

 「お子さんも、もりもり食べてくれる。嬉(うれ)しいですね」

 実はお寺の次男。宗門系の大学…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも