[PR]

 一人が一つのコップに注げる水の量には決まりがありますが、コップはいくつ使っても構いません――。こんな決まりがあったら、どう思いますか。政治資金収支報告書を調べると、政治献金の上限をかいくぐるような寄付の方法が見つかりました。コップは政治家の政治団体で、水はお金です。

代表・所在地同じ5社から

 自民党の池田佳隆衆院議員(52)=比例東海=が代表を務める政党支部「自民党愛知県第3選挙区支部」は、愛知県内のパチンコ関連5社から計2200万円の寄付を受け取っていた。法人登記簿によると、5社は代表者と本社所在地が同じ。

 5社とは代表者と本社所在地が異なるが、パチンコ関連会社がホームページで「グループ会社」と紹介している1社からも池田氏側は寄付を受けていた。6社からの総額は2440万円に上った。

 政治資金規正法は、1社が年間に寄付できる総額を資本金などに応じ、750万円~1億円に制限している。登記簿に記載された資本金に照らすと、パチンコ関連5社の上限額はそれぞれ年750万円だ。同法は1社の上限額だけを規制しているため、複数のグループや関連の企業がそれぞれ寄付し、結果的に総額が1社あたりの上限額を超えても違法ではない。

 収支報告書によると、5社は17年、池田氏の政党支部にそれぞれ280万~520万円を寄付した。池田氏側は朝日新聞の取材に対し、「それぞれ独立した法人と認識しており、量的規制に違反していない」と回答した。パチンコ関連の5社のうち1社には文書で取材を申し込んだが、「政治活動の自由がある」として応じなかった。

複数団体通じ出身議員に

 トヨタ系労組の政治団体「全ト…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら