[PR]

1分で知る・老化(3)

 認知症の35%は予防できる――。英医学誌による報告が昨年、話題を呼んだ。指摘された「リスク因子」は、若年期の教育不足、喫煙など九つ。最も高いのは「中年期以降の難聴」で、対策をとることで認知症の9%を防げる、とした。

 聞こえが悪いとコミュニケーションがうまくいかず、孤立しがちになる。刺激(情報)がぼんやりすると、情報処理をする神経回路に悪影響が出るおそれもある。

 同じ「感覚器」である目も例外…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら