[PR]

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(16)が4日、東京都港区で開かれた第49期新人王戦(しんぶん赤旗主催)の表彰式に出席した。初優勝をたたえる表彰状が手渡され、さらなる飛躍を誓った。

 式には、約170人が集まった。新人王戦には六段以下の棋士しか出られないため、今回が最後の出場だった藤井七段は「優勝という形で卒業できて、うれしく思っている」と謝辞を述べた。式の後の取材に対し、「まだまだ実力的にタイトルには足りない。少しずつそこに近づけるようにしたい」と話した。

 師匠の杉本昌隆七段(50)は…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら