[PR]

 初めて京都に来たのは中学2年生の修学旅行。銀閣寺のたたずまいに「渋い!」とほれ込んだ。「将来は絶対に京都に住む」と心に決めた。そして12年前から京都を紹介する立場に。京都手帖(てちょう)の編集者、伊賀本(いがもと)結子さん(39)=北区=のことだ。

 京都の年中行事をわかりやすく伝えるスケジュール帳があったらいい。そんな思いから京都手帖が誕生した。初めて出した2007年版は1万部だったが、19年版は2万8千部を発行した。

 1年間のカレンダーには、8割以上の日に祭りやイベントの予定が書かれている。部数が増えるにつれ、寺の住職から「うちも載せて」と頼まれるようになった。

 伊賀本さんは08年版からメイ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら