なぜ今、クイーン? グッチ裕三さんが語る癖になる魅力

有料会員記事ボヘミアン・ラプソディ特集

聞き手・国方萌乃
【動画】クイーンの魅力語る グッチ裕三さん=山本壮一郎撮影
[PR]

 ロックバンド「クイーン」の母国イギリスで生まれたものの、よく知らないままだった。でも映画「ボヘミアン・ラプソディ」は3回見て、3回とも泣いた。そんな「にわかファン」の記者が、フレディ・マーキュリーのものまね経験もある、エンターテイナーのグッチ裕三さん(66)に聞いた。なぜいまクイーン?

――出会いは

 1975年の初来日の時から知ってるけど、僕はソウル・ミュージックに凝り固まってたから。「何だよ、ジェームス・ブラウンが来ればいいのに」って。あまり注目してなかった。ただ、「愛という名の欲望」を聞いて「やられた」と思った。この曲を聞いて、ジョン・レノンが曲を書き始めたっていうエピソードがある。要は僕も同じ気持ちになったのかね。

――どこがいいのでしょう

 多重録音とか「ボヘミアン・…

この記事は有料会員記事です。残り1087文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

ボヘミアン・ラプソディを語り尽くす

ボヘミアン・ラプソディを語り尽くす

魅力を語り尽くした記事で、感動と興奮を思い出してみませんか?[記事一覧へ]