[PR]

 国内製薬最大手、武田薬品工業が5日に大阪市で開いた臨時株主総会で、アイルランドの製薬大手シャイアーを約7兆円で買収する提案が、株主の3分の2以上の賛成で可決された。シャイアーが5日(日本時間同日夜)に開く臨時株主総会でも買収が承認されれば、日本企業として過去最大の買収が正式に決まる。

 武田は5月、シャイアーを総額約460億ポンド(約7兆円)で買収することで同社と合意していた。早ければ年明けにも買収手続きが完了し、世界の製薬企業の売上高トップ10に入る「メガファーマ(巨大製薬会社)」が誕生する。

 シャイアーは血友病など希少疾患の治療薬や血液製剤に強みがある。開発が最終段階にある新薬候補を複数持ち、遺伝子治療の分野も得意とする。2017年の売上高は日本円換算で約1兆7千億円と、武田とほぼ同規模。世界最大市場の米国での売上高が多い。武田は海外の販路拡大も狙って買収を決断した。

 買収資金は、約3兆円の現金と…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら