[PR]

 本能寺の変で主君の織田信長を討ち、「逆臣」といわれた明智光秀。戦国ドラマには欠かせない悪役になっている。光秀がまちの基礎を築いた福知山市ではその逆だ。名君として功績が語り継がれている。2020年の大河ドラマは光秀の生涯をたどる「麒麟(きりん)がくる」に決まり、イメージ回復に向けた府北部の期待は高まっている。

まつられて「神」に

 広小路(ひろこうじ)と呼ばれる商家が集まった地区のそばにある御霊(ごりょう)神社。まつられているのは光秀だ。「逆臣を神としてあがめているなんて本当?」。不思議に思う人も少なくないという。

 足立常秋(つねあき)宮司(7…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら