井山五冠、待つ側から挑む側に 「一発入れる」のは誰か

有料会員記事

構成・大出公二
[PR]

 第44期囲碁名人戦挑戦者決定リーグ戦(朝日新聞社主催)が6日に開幕する。10期ぶりの名人復位を遂げた張栩名人(38)に挑戦するのは誰か。小林覚九段(59)、林漢傑八段(34)、大西竜平三段(18)が展望した。

 ――リーグの顔ぶれを見て、感想は。

 小林 井山さんの名がここにあることに違和感があります。七冠を独占して、ずっと挑戦者を待つ側にいたからね。あとはいつもの常連と思っていたら、予選勝ち上がり組の10~20代の3人が初のリーグ入り。若返りましたね。

 林 平成四天王世代の山下、河野、羽根、次いで井山世代の井山、村川、鈴木、そしてそのあとの新世代、芝野、孫、六浦。3世代対抗戦みたいですね。

 大西 井山先生と開幕戦で当たる六浦くんは、出場棋士のなかでもっとも異質。普通は石が込み合っているところから考えるけど、盤全体の空間を見ているイメージ。もしかしたら井山先生に一発入れるのではないか。

■碁聖、名人を失った井山五冠…

この記事は有料会員記事です。残り1592文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら