[PR]

 犯罪捜査や行方不明者の捜索などで活躍する嘱託警察犬の委嘱式が5日、静岡南署であった。任期は来年1月から1年間。

 嘱託警察犬に任命されたのは1~8歳のシェパード7頭で、いずれも10月に袋井市であった「嘱託警察犬審査会」で優秀な成績を修めた。普段は民間の訓練所などで生活し、警察からの要請を受けて現場へ出動する。同署管内の今年の嘱託警察犬の出動回数は、10月31日までに計16回。うち行方不明者の捜索が13回を占めた。

 柴田裕司署長は委嘱式で「みなさんの協力なしでは地域の治安が守れません。よろしくお願いします」などとあいさつした。(松田果穂)