【動画】東名高速で「あおり運転」をされたワゴン車の夫婦が亡くなった事故。裁判の焦点をわかりやすく解説=根本寿彦撮影
[PR]

 神奈川県大井町の東名高速で昨年6月、一家4人が乗るワゴン車を「あおり運転」で停車させ、大型トラックによる追突事故で夫婦を死なせたなどとして、危険運転致死傷罪などに問われた石橋和歩被告(26)=福岡県中間市=の裁判員裁判の第3回公判が5日、横浜地裁であった。被告人質問が行われ、石橋被告は「申し訳ないことをしたと思います。本当にすみませんでした」と初めて謝罪した。

 石橋被告は、事故直前にパーキングエリア(PA)で駐車方法を萩山嘉久さん(当時45)=静岡市清水区=から注意されたときの気持ちを弁護人から問われ、数秒黙った後、「カチンときたと思う」と答えた。PAから出て、嘉久さんの妻友香さん(当時39)が運転するワゴン車に追いつくと、「パッシングをしたと思う。止まれっちゅうこと」と述べた。

 石橋被告はワゴン車の前に割り込んで減速する妨害を4度繰り返し、追い越し車線で停車させ、嘉久さんに暴行したとされる。これまでの公判では、同乗の女性から「子どもがおるけん、やめとき」などと言われ、暴行をやめたことが明らかになっている。

 このことを弁護人に問われると、石橋被告は「子どもを巻き込んだら悪いと思って」と述べ、眼鏡を外して下を向き、手元のタオルで目元をぬぐった。子どもがいるとわかっていたら、と重ねて聞かれ、「何もしていなかった」と答えた。停車により追突事故を引き起こす危険性は「そのときは考えていなかった」と話した。

 検察官からは、嘉久さんが暴行を受けていた時の娘2人の気持ちを聞かれ、「怖かったと思う」と答えた。嘉久さんに落ち度は「ないと思う」と話し、一家に「悪いことをしたと思う」と反省の弁を述べた。

 上下黒色のジャージー姿の石橋被告は、ぼそぼそした口調で質問に答えた。深沢茂之裁判長や弁護人から、はっきり話すよう促される場面もあった。

 弁護側も事実関係はおおむね認めつつ、危険運転致死傷罪については「法律の条文上、車の走行中が前提。停車後に事故が発生した本件には適用できない」として無罪を主張している。(飯塚直人、山下寛久)