[PR]

 千葉県印西市の老人ホームで同僚らに睡眠導入剤を混ぜた飲み物を飲ませ、交通事故死させたなどとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われた准看護師、波田野愛子被告(72)の裁判員裁判の判決が4日、千葉地裁であった。坂田威一郎裁判長は「周囲の信頼を裏切る悪質な犯行だ。動機は身勝手で酌量の余地はない」と述べ、懲役24年(求刑懲役30年)を言い渡した。

 車を運転すると知りながら睡眠導入剤を飲ませる行為が殺害の実行行為に当たるかが争点になったが、判決は「死亡事故を引き起こす危険性の高い行為」と指摘し、「実行行為にあたる」と認定。殺意の有無についても、睡眠導入剤を飲ませて車を運転させれば交通事故を起こして死ぬかもしれないという「未必の殺意」があったと認めた。

 判決によると、被告は昨年2月5日、同僚の山岡恵子さん(当時60)が車を運転して帰宅すると知りながら、睡眠導入剤を混ぜたコーヒーを飲ませ、寝ていた山岡さんをあえて起こし、帰宅するように仕向けて、交通事故を起こさせて殺害した。その後も、同様の手口で、同僚の女性職員(71)と夫(73)らに重軽傷を負わせるなどした。

 公判では、殺意をめぐって、検察側が「危険な居眠り運転で死亡しても構わないと認識していた」と主張したのに対し、被告側が「殺意はない」と訴えた。さらに、被告側は「被害者が起きた時には薬の効果が切れていた」として、傷害罪の適用を求めていた。(寺沢知海)

遺族「喪失感がなくなることはない」

 判決で、被告に殺害されたと認められた山岡恵子さん(当時60)。次男(37)が4日、千葉市内で記者会見し、「怒りや憎しみを通り越し、被告に対する思いは、もう何もない」と語った。

 事件当時、山岡さんと同じ老人ホームに勤めていた。事件の日、体調を崩した自分に代わって出勤してくれたのが山岡さんだった。当初は事故死と判断され、「自分が出勤できていれば母は死ななかったのでは、と自らを責め続けていた」という。

 被害者参加制度を使って法廷に立った。「許せない」と被告をただしたが、被告に反省の気持ちは感じられなかった。最終意見陳述のとき、被告は頭を下げたが、「誠意をくみ取れなかった」と振り返った。

 次男と介護施設を開くのが山岡さんの夢だった。「母がめざした仕事はもうできない。喪失感がなくなることはない」と肩を落とした。(松島研人)

睡眠導入剤混入事件の経過

2017年1月 老人ホームの職員らが眠気やめまいを訴えるようになる

     2月5日 女性職員(60)が車で帰宅途中に交通事故死

     5月15日 別の女性職員(69)と夫(71)が帰宅途中に交通事故。事故相手の男性(56)を含む3人が重軽傷

     6月15日 30代の女性職員が、飲み物に液体を混ぜる波田野被告を撮影し、千葉県警に相談

       21日 県警が30代の女性職員への傷害容疑で波田野被告を逮捕

     7月11日 5月に事故に遭った女性職員らへの殺人未遂容疑で再逮捕

     8月1日 2月5日に事故で死亡した女性職員への殺人容疑などで3回目の逮捕

       17日 千葉地検が波田野被告の鑑定留置を開始

     12月8日 千葉地検が殺人、殺人未遂、傷害の罪で起訴

   18年11月13日 千葉地裁で裁判員裁判の初公判

     11月21日 検察側が被告に懲役30年求刑

(被害者の年齢は事件当時)

 

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/