[PR]

 J1リーグ8位で今季を終えた。ここ数年、最終戦まで気が休まらないシーズンを過ごしてきた中、十分な成績と言えるのかもしれない。ただ、喪失感を拭えないのは、シーズン終了を待つことなく63歳で急逝した久米一正取締役副社長兼ゼネラルマネジャー(GM)がそこにいなかったからだろう。

 静岡県出身の久米副社長兼GMは現役を引退した後、Jリーグ創設に貢献した。柏レイソルの強化責任者を経て、2003年にエスパルスのGMに就任。上位争いに食い込むチームを作り上げた。08年に名古屋グランパスのGM、そして社長も歴任し、今季11年ぶりにエスパルスに復帰した。

 多くの人は肩書ではなく、親しみを込めて「久米さん」と呼ぶ。久米さんを一言で表現すると、「タヌキおやじ」「人たらし」という言葉が浮かぶ。もちろん最大限の愛情を込めてだ。いつも、にこやかに接しながらも人間観察はするどい。いつも見透かされている気がして、ごまかしは通用しないと感じてしまう。

 いつも久米さんの一言一言の奥…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも