[PR]

 若手漫才の日本一決定戦「M―1グランプリ2018」をめぐり、昨年優勝のお笑いコンビ「とろサーモン」の久保田かずのぶさん(39)と今年出場した「スーパーマラドーナ」の武智(たけち)さん(40)が、審査員を務めたタレントの上沼恵美子さん(63)に対し、インターネット上に配信した動画で批判や「更年期障害」などと暴言を繰り返し、謝罪した。SNS上で発言への非難が相次いでいた。

 動画は、2日夜にあったM―1決勝の数時間後に配信された。その中で、久保田さんは「酔ってるから言いますけど、(審査員を)そろそろもうやめてください」「自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください」などと発言。さらに武智さんが「『嫌いです』って言われたら更年期障害かって思いますよね」などと応じた。2人は名前は出さなかったが、「お前だよ、右側のな」「右のオバハン」などと、審査員席の一番右側に座っていた上沼さんへの批判を繰り返した。動画はすでに削除されている。

 久保田さんは4日、「この度は私の不徳の致すところで、上沼恵美子さまに失礼極まりない言動をしてしまい申し訳ございませんでした。今後は二度とこのような事がないよう深く反省しお詫(わ)び申し上げます」、武智さんも「昨日の僕の醜態について、上沼恵美子さん、M―1に携わる方々、すべての方々にお詫びしたいです。申し訳ございませんでした」と、それぞれツイッターで謝罪した。

 今年のM―1には結成15年以内のプロ、アマチュア計4640組がエントリー。予選を勝ち抜いた10組が2日に決勝を戦い、「霜降り明星」が第14代王者に輝いた。スーパーマラドーナは7位だった。とろサーモンの久保田さんはゲスト出演していた。