[PR]

 来年9月開幕のラグビーワールドカップ(W杯)の会場となる豊田市では毎夜、W杯にちなんだイルミネーションを楽しめる。

 4試合がある豊田スタジアムの前では、約3万個のLED電球を使って出場8カ国・地域を紹介。日本は富士山、ニュージーランドは国鳥のキウイ、ナミビアは砂漠、ジョージアは同国出身の栃ノ心から大相撲の力士といったイメージのパネルや装飾を並べている。

 名鉄豊田市駅前の装飾はラグビーボール形で、長さ10メートル、高さ5メートル。「TRY FOR ALL」の文字とともに時間差で7色に輝く。

 来年1月14日まで点灯され、…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら