派遣切り、声上げても…「なぜ解雇、10年間説明ない」

有料会員記事

編集委員・沢路毅彦
[PR]

 リーマン・ショックをきっかけに「派遣切り」され、10年がたった今も会社に謝罪や説明を求め続けている人たちがいる。

 「とにかく謝罪してほしい」

 今月中旬、東京駅近くにある三菱電機本社の前で40代の女性は訴えていた。2003年12月から三菱電機名古屋製作所に派遣され、パソコンやテレビの周辺機器を作るラインで働いていた。製品のケースの中に基板を組み立て、検査もした。ラインでは、正社員も一緒に働いていた。

 08年夏ごろから、隣のラインで人が減り始めたが、女性のラインの仕事量は減っていなかった。ほかのラインから移ってくる正社員もいたが、正社員や直接雇用の期間工に仕事を教えることがあり、職場で必要とされていると思っていた。12月初めには、契約更新を打診された。

 派遣会社の担当から雇い止めの通告を受けたのは、12月中旬。突然だった。「いくら仕事ができても、派遣は弱い立場なんだ」

 派遣会社が用意していた退職…

この記事は有料会員記事です。残り709文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら