【動画】漫画家・井上雄彦さんと京都ハンナリーズの伊藤達哉選手が対談=瀬戸口翼撮影
[PR]

 漫画「スラムダンク」の作者・井上雄彦さん(51)とバスケット選手の対談企画の第3シーズン3回目は、京都ハンナリーズを引っ張る若き司令塔の伊藤達哉選手(24)です。

 井上 Bリーグデビューとなった昨季はレギュラーシーズン56試合に出場し、1試合平均9得点、4・4アシスト。新人賞に輝いた馬場雄大選手(アルバルク東京)を上回る数字を残し、チームのチャンピオンシップ進出に貢献しました。

 伊藤 シーズン終盤には、新人賞を取れるかも、と思った時期はありました。「京都に新人賞の選手がいる。じゃあ見にいこう」という流れをつくりたかった。でも、実際に取ったら満足してしまい、これ以上成長できないのではないか、という不安もありました。今となっては、取れなくて良かったなと。馬場選手は観客を魅了できるダンクという武器を持っている。すごいの一言です。彼が筑波大にいた頃から苦しめられてきた選手ですし。

 井上 出身は千葉県で、大学は関東にある東海大。なぜ、京都でプロになろうと思ったのですか。

 伊藤 高校時代を京都で過ごした、という縁がありました。自分が入って京都のバスケを盛り上げたい、伊藤という選手を見たいと思われるようにがんばりたいと考え、決めました。地元の千葉ジェッツからも声をかけていただいたのですが、同じポジションには日本代表の富樫勇樹選手がいます。まずは自分が試合に出られるチームを選びたい、という思いもありました。

 井上 高校時代以来となる京都の住み心地は?

 伊藤 人が多いところは、あまり好きではなくて……。京都駅や観光地にはなるべく近づかないようにしています。休みの日は京都市郊外や滋賀県などの温泉へ出かけることが多いです。サウナや、水風呂と熱い風呂での交代浴は欠かせません。風呂から出た後にとる食事も、幸せを感じる瞬間です。

 井上 両親がバスケ選手だったと聞きました。

 伊藤 2人とも同じ実業団でプレーしていました。母のおなかの中にいるときから、ドリブルの音を聞いていました。

 井上 では、バスケを始めたのも自然な流れですね。

 伊藤 そうでもありません。最…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら