[PR]

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事で、岩屋毅防衛相は5日、中断していた辺野古沿岸部の埋め立て用土砂の搬出作業を同日午後に再開したことを明らかにした。14日に予定している土砂投入の日程は変更しない。防衛省で記者団に語った。

 防衛省は3日、名護市の琉球セメントの桟橋で土砂の積み込み作業を始めたが、沖縄県から必要な手続きが取られていないと指摘を受け、作業を一時停止していた。未提出だと県から指摘を受けていた桟橋設置工事の完了届は琉球セメントが3日に提出。岩屋氏は記者団に対し、「行政の指導の根拠とされた指摘は解消されたことから、作業を再開したと認識している」と述べた。

 また、沖縄県は桟橋に運び込んだ土砂の仮置き場についても「県赤土等流出防止条例」で届け出が必要との認識を示していた。このため、仮置き場は使わず、採石場から運び込んだ土砂を直接、船に積み込むことにした。

 防衛省が土砂の搬出を再開したことについて、玉城デニー知事は5日、県庁で記者団に対し、「乱暴なやり方だ。14日に土砂投入という、期日に合わせるようなやり方は県民の理解は得られない」と批判した。ただ、工事完了届の提出前に桟橋を利用したとして県は今後、業者に対し、立ち入り検査を実施する。5日には検査が終わるまでは搬出作業を停止するよう行政指導した。(古城博隆、伊藤和行)