[PR]

【連載】この国と原子力③

元首相「神の御加護」

 「破滅を免れることができたのは、幸運な偶然が重なった……神の御加護があったのだ」

 2011年の原発事故時の首相・菅直人(72)の信仰者のような記述が頭の中に残っていた。12年に出版された「東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと」(幻冬舎新書)にあった。

 事故から時を経たが、菅に16年4月、インタビューした。記事は当時、朝日新聞のデジタル版にのみ載ったので、ここに要点を記したい。

 菅はこう振り返った。「福島に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

関連ニュース