[PR]

 官民ファンドの産業革新投資機構(JIC)と高額報酬問題で対立する経済産業省は、2019年度に予定していたJICへの1600億円の追加出資を大幅に減額する方針を固めた。資金の供給を絞ることで、対決姿勢を崩さないJICの田中正明社長ら経営陣に揺さぶりをかけ、田中氏に自主的な退任を迫る狙いもあるとみられる。田中氏は5日夜、進退について報道陣に「今のところ決まったことはない」と述べた。

 経産省は今夏、19年度の財政投融資で、JICへの1600億円の追加出資を財務省に要求した。9月の旧産業革新機構からの改組を機にJICの財務基盤を強化し、民間資金の「呼び水」にする狙いがあった。

 だが、高額報酬問題で田中氏との「信頼関係が極めて深刻な状態になった」(世耕弘成経産相)ことから、1600億円の追加出資は難しいと判断。財務省への要求額を修正し、最低限必要な200億~400億円程度に減らす方向だ。

 JICは先月27日、年1億円…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら