[PR]

 神奈川県大井町の東名高速で昨年6月、一家4人が乗った車が「あおり運転」によって停車させられ、トラックが追突し、夫婦の命が奪われた事故で、危険運転致死傷罪などに問われた石橋和歩被告(26)=福岡県中間市=の裁判員裁判が横浜地裁で続いている。5日には被告人質問があり、事故当時の様子を被告が語った。

 昨年6月5日午後9時半ごろ、中井パーキングエリア(PA)で、被告は通路上に駐車していた。その脇をワゴン車が通り過ぎた。亡くなった萩山嘉久さん(当時45)=静岡市清水区=と妻友香さん(当時39)のほか、娘2人が乗っていた。嘉久さんが、被告に向かって「邪魔だ」と注意した。

 弁護人 「声を聞いてどう思ったか」

 被告 「カチンと来たと思う」

 被告はPAを出て、約700メ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら