[PR]

 最初は車の中だった。昨年秋、長野県の母親(31)は、当時1歳だった長女(2)がぐずってチャイルドシートから抜け出そうとするのをなだめようと、スマートフォンを取り出した。長女自身が遊ぶ様子を映した動画を見せると、吸いつけられるように画面に見入った。

 運転に集中できるよう、動画を見せるようになった。長女は自分が映る動画やアンパンマン、色をテーマに歌う英語の動画が気に入り、繰り返し見た。見たい動画を自分で選び、画面上に母親宛ての通知が入ると指で消すようになった。

 ネット関係の仕事をする母親も父親(32)もそんな長女を好ましく思った。「今どきスマホは生活の一部。早くIT機器が使えるようになった方がいい」

 スマホを見る時間はまたたく間に増えた。起きてまず動画を見る。その間に母親は朝食の支度。母親が家事をしている間も娘は動画。公園では、遊具で遊ぶ合間に動画を見に母親のもとに戻ってきた。入浴中は透明な袋にスマホを入れて風呂場に持ち込んだ。寝る直前まで動画を見た。

 動画を見せ始めて約1カ月後、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら