[PR]

 帝京長岡の代替わりは毎年3月の定期演奏会後。部長は今も3年の大崎寧々さん(写真左)だ。次期部長の選挙は10月に行われ、2年の千野奈月さん(同右)が選ばれた。文化祭では2人で曲紹介を行った。

 「あのときは本当に悔しくて」と大崎さんが振り返るのは昨年の県大会。金賞だったが西関東大会出場には届かなかった。難しい曲で、楽譜を読むのも精いっぱい。緊張して顔は引きつっていた。「ここは失敗したくないとか後ろ向きなことばかり考えていました」

 部長になると、新しい練習を導入し、練習量も増やした。「埼玉での慶応志木高校との合同練習が大きかった」。前年の東日本学校吹奏楽大会金賞の強豪校。「技術はもちろん、演奏に臨む態度が違った」。動画で見比べると、楽譜に食らいつくように下を向いて演奏している帝京長岡に対し、慶応志木は前を向き笑顔。全身で楽しそうに表現していた。「聞いていて楽しくて。私たちもこうなりたい、と何度も見ました」

 迎えた県大会。演奏順は40団…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース