[PR]

 5日午後6時20分ごろ、福岡市早良区百道浜2丁目の福岡タワーで、「2階から火があがっている」と、タワーの職員から119番通報があった。工事の資材の一部が焼けたが、けが人はいなかった。

 福岡市消防局や福岡タワーによると、出火したのは吹き抜け部分の、地上から3~10メートルの高さに塗装工事のために貼られていた養生シート。当時、約100人の来場者がいたが、タワーはエレベーターを止め、非常階段で避難させた。

 友人と観光で訪れていた那覇市の大学生、新城葵さん(22)は「訓練かと思っていたら、本当の火災で驚いた」と話した。タワーは終了時間を早め、午後7時半ごろ臨時休館した。(島崎周、木下広大)