[PR]

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ上位6人が争うGPファイナルは5日、カナダ・バンクーバーで男女ショートプログラム(SP)の滑走順抽選があり、男子の初優勝を狙う宇野昌磨(トヨタ自動車)が最終6番に決まった。昨季世界王者のネーサン・チェン(米)が4番。

 女子はNHK杯、フランス杯をともに制した紀平梨花(関大ク)が3番、平昌(ピョンチャン)五輪4位の宮原知子(関大)が4番、同五輪6位の坂本花織(シスメックス)が5番に登場する。優勝候補のアリーナ・ザギトワ(ロシア)は最終6番、スケートカナダ優勝、NHK杯3位だったエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)は2番目に滑る。