[PR]

 11月30日に94歳で死去した米国の第41代大統領ジョージ・H・W・ブッシュ氏(在任期間1989~93年)の国葬が5日、ワシントン大聖堂で営まれた。トランプ大統領やオバマ前大統領ら歴代大統領が参列。この日は「国民追悼の日」として休日になり、多くの米国民が冷戦終結などに尽力したブッシュ氏の功績をしのんだ。

 国葬では、長男のジョージ・W・ブッシュ元大統領(72)が「(父は)偉大で高潔な人であり、息子や娘にとって最も素晴らしい父親でもあった」と弔辞を述べ、嗚咽(おえつ)をもらした。

 国葬には、長男ブッシュ氏(在任期間2001~09年)をはじめ、オバマ氏(同09~17年)、クリントン氏(同93~01年)、カーター氏(同77~81年)の歴代大統領も参列。トランプ氏は会場で同じ列に座ったオバマ氏と握手した。互いに批判し合っている両氏が握手を交わすのは、17年1月のトランプ氏の大統領就任式以来だ。

 トランプ氏は16年の大統領選などをめぐってブッシュ家との関係も悪いが、9月にあった与党共和党の重鎮ジョン・マケイン上院議員の告別式とは異なり、葬儀に参列した。トランプ氏はこの日、自身のツイッターに「ブッシュ家と一緒に過ごすことを楽しみにしている。これは葬儀ではなく、長い間、傑出した人生を送った偉大な人物に対する祝賀の日だ」と書き込んだ。

 この日、連邦政府機関は閉鎖さ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら