[PR]

 ノーベル医学生理学賞を10日(日本時間11日未明)に受賞する本庶佑(ほんじょ・たすく)さん(76)。その人柄が語られるとき、「こわい」という声が、さまざまなエピソードとともに聞こえてくる。もちろん真理を追究する、厳しい研究への姿勢があるからこそ、のものだ。

部屋に怒りのオーラ充満

 動物のしま模様を研究している大阪大の近藤滋教授は、京都大で免疫の研究していたときの体験を、自身のサイトでこう語っている。

 H先生から「ただちに教授室に来るように」という電話があった。なんだろう? 実験のことかな? 教授室に入ると、部屋に怒りのオーラが充満している。「こ、これはやばい」と身構えた時に、すでにダース○ーダーと化したH先生が、ゆっくり口を開き、重々しくおっしゃるのであった――。

 このH先生とは、本庶さんのことだ。

 近藤さんは自宅で熱帯魚を飼い、私的な時間に、本庶さんの研究室での仕事とは無関係な、しま模様の研究にかかわる実験に取り組んでいた。その成果をまとめ、内緒で学会発表に申し込んだのが、本庶さんにばれたのだ。

 勤務中は免疫の実験をし、私的…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら