[PR]

 外国人労働者の受け入れ拡大に向けた出入国管理法(入管法)改正案をめぐり、野党は6日、改正案を審議している参院法務委員会の横山信一委員長(公明党)の解任決議案を参院に提出した。決議案は7日の参院本会議で与党の反対多数で否決される見通しだが、それまで委員会審議は中断する。与党側は6日に法務委での改正案採決を目指していたが、7日にずれ込むことになった。