[PR]

 高速道路を時速169キロで運転したとして、鹿児島県志布志市の久井仁貴市議(28)が、道路交通法違反で鹿児島地検から在宅起訴されていたことが、6日わかった。法定速度を89キロオーバーしていた。久井市議は朝日新聞の取材に「下痢の症状があり、トイレに急いでいた。反省し、今後は安全運転につとめる」と話している。

 起訴状によると、久井市議は今年4月9日、法定速度が80キロと指定された大分市内の東九州自動車道を169キロで運転したとされる。起訴は10月29日付。(井東礁、周防原孝司)