【いきもの目線】ビントロング@神戸どうぶつ王国=2018年11月29日、竹谷俊之撮影
[PR]

 ポップコーンのような香ばしい匂いがする動物がいるという。黒毛で覆われたネコのようにも、クマのようにも、タヌキのようにも見え、長い尻尾で木からぶら下がることもできるのだという。どんな動物なのだろうか。今春、その赤ちゃん3頭が生まれた神戸どうぶつ王国(神戸市)に出掛け、360度撮影をした。

 動物の正体は、東南アジアの森林に生息するビントロング。マレー語で「クマのようなネコ」という意味だ。

 「匂い、嗅いでみますか?」

 ビントロングの尻尾の下にあてたガーゼを飼育員の馬場瑞季さんから手渡された。嗅いでみた感想は…本当に香ばしいポップコーンの獣風味!

【動画】ビントロングのメイキング動画=竹谷俊之撮影

 馬場さんによると、ビントロングはジャコウネコの仲間で、肛門(こうもん)の周りに臭腺がある。匂いを木にこすりつけることで、縄張りを主張するという。この匂いに関連してできる物質が、香ばしいポップコーンの匂い成分と同じ、という報告もあるという。

 飼育展示場には木組みが施され、樹上生活する本来の環境に近づけている。もともとは夜行性だが、器用に尻尾を使って木に登ったり、ぶら下がったりする姿も見られた。(竹谷俊之)