[PR]

 笹川スポーツ財団は6日、2018年の「もっとも活躍したアスリート」と「スポーツ重大ニュース」についてインターネット調査を実施した結果、「アスリート」の1位にフィギュアスケート・羽生結弦、「ニュース」では羽生の冬季五輪2大会連続金メダル獲得が1位に輝いたと発表した。

 「アスリート」の2位は高校野球の吉田輝星(金足農)、3位は大リーグ・エンゼルスの大谷翔平だった。

 「ニュース」の2位は、テニス・大坂なおみの全米オープン女子シングルス制覇、3位は大谷の新人王獲得だった。

 調査は11月26日~12月4日に同財団の公式サイトで実施し、計1万2315件の有効回答があったという。