拡大する写真・図版 織田和雄さん(右)と歩く皇太子時代の天皇陛下。後ろには皇后さまの姿も(1958年8月、長野県軽井沢町、織田さん提供)

 「自分はつなぎの天皇。皇太子の代に明るい皇室となれば」

 1993年1月。天皇陛下は友人の織田和雄さん(83)との電話で、そう語った。

 織田さんは学生時代から陛下のテニス仲間。結婚前の天皇、皇后両陛下が出会った軽井沢のテニスコートに居合わせ、その後、お二人の電話を取り次ぐキューピッド役も担った間柄だ。

 冒頭の電話は普段より長かった。織田さんは「大切なことを話している」と受けとめ、ペンをとった。そのときのメモが残っている。数日前に皇太子さまと雅子さまの婚約が内定、世間に祝福ムードが広がっていた時期だった。

 「つなぎ」とはどういう意味な…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら