[PR]

 京都大の本庶佑さんがノーベル医学生理学賞を受賞することが決まり、「がん免疫療法」がにわかに脚光を浴びました。でも、がん免疫療法がどんなものかご存じでしょうか。免疫? ブレーキ? チェックポイント? そんなこと言われても…という方のために、免疫療法を取材してきた記者が若手記者とのQA方式で解説します。

――ノーベル賞、たいへんな話題になったけど、あっという間に2カ月が経ちましたね。

 授賞式と晩餐(ばんさん)会が10日(日本時間11日未明)に近づいてきました。受賞が決まってから、免疫療法って言葉が改めて関心を浴びました。

――そもそも「免疫」って何ですか?

 ウイルスや細菌が体に入るとさまざまな病気を起こします。そうした外敵から体を守るのが免疫システムです。

――体の中の細胞を擬人化して話題になったアニメ「はたらく細胞」というアニメで見たことがあります。免疫システムというのは、T細胞とかいう免疫細胞のことですよね。それが「がん」とどんな関係があるんですか?

 がん細胞は、遺伝子異常が起こって、むやみやたらに増殖するようになった細胞のことです。

 がんって、毎日私たちの体の中で生まれているんですよ。ふだんは増えないように、T細胞を始めとする免疫の力で抑えられていると考えられています。

――アニメでも、がんに変わってしまった細胞が、免疫たちにやっつけられる回がありました。頑張ってくれてるんだなぁ、自分の免疫細胞たち。

 でも、何らかの理由で免疫の攻撃が効かなくなって、がん細胞が異常に増え続ける状態が、病気のがんです。

ふるわなかった過去の免疫療法

 なので昔から、免疫細胞の働きをさらに活性化させて、がんをやっつけてもらおうという研究が進んでいました。

――免疫細胞たちをパワーアップさせようということ?

 「免疫を活性化させる」というのは、自動車で言うならアクセルを踏むような治療です。

 たとえば、がん細胞を攻撃するために周辺に集まっていると見られる免疫細胞を取り出して、培養して増やし、ふたたび体に戻す方法などがあります。

 「がんワクチン」は、がんを「体の中の邪魔なもの」「排除するべきもの」と認識する細胞を増やそうとする治療です。

――ど、どういうことですか?

 がん細胞には、免疫細胞が目印にする特徴的なたんぱく質があるのです。

 人工的にこの目印のたんぱく質の一部をつくって、患者に注射し、目印に反応する免疫細胞を増やして攻撃力を高めようという試みです。

――どちらも、戦ってくれる免疫細胞をたくさん増やそうという治療なんですね。確かに、数が多ければ、がんを目いっぱい攻撃してくれそうです。

 ただ、残念ながら、いずれも結果は思わしくありませんでした。

 今でも研究は続いていますが、今回の受賞分野の「免疫チェックポイント阻害剤」の登場まで、がんの免疫療法はなかなか光が見いだせていませんでした。

――でも、「がん免疫療法」の広告をネットなどで見たことがあるのですが。

 ネットなどで、公的医療保険が適用されない自由診療のがんワクチン療法などが紹介されています。

 科学的な裏付け(エビデンス)があれば、薬として承認されたり、公的医療保険の適用になったりしますが、残念ながらそうした成果は得られていません。

 何百万、何千万円かけた人もいるそうです。通常の治療と併せて受ける場合もあり、果たしてどちらの効果なのか、あいまいになりがちです。

免疫チェックポイント阻害剤は別格

――多くの人に効果があるというエビデンスがあれば、保険適用になっているってことですね。でも、本庶さんの研究から開発された「オプジーボ」は保険適用されていますよね。

 そうです。すでに国内では7種類のがんを対象に適用されています。

 今回受賞した分野「免疫チェックポイント阻害剤」は、これまでの免疫療法とは、全く別の仕組みの治療法なんです。

――この「免疫チェックポイント」って、どういう意味ですか?

 チェックポイントは「検問所」という意味です。「免疫が攻撃するかどうか点検する」という意味からとられました。

 この検問所には、免疫の暴走を止めるブレーキボタンがあるんです。

――検問所にブレーキがある?

 免疫細胞が外敵をやっつけたあと、やり過ぎないように止めるのがブレーキボタンです。

 そして、自分の細胞に対しても、このボタンで「自分自身だから攻撃しないでね」と免疫細胞に知らせます。

 ところが、がん細胞もこの仕組みを悪用します。ボタンを押して免疫をだまし、攻撃をやめさせて生き延びていることが分かったのです。

写真・図版

――検問所のボタンを押して、「がん」と認識させないようにしていたと……。ずるがしこいですね。

 今回のノーベル賞は、このブレーキ役となる分子をほぼ同時期に見つけた功績で、京大の本庶佑さんと、米国のジェームズ・アリソンさんに贈られることになりました。

――アリソンさんはどんなブレーキ役を見つけたんですか?

 アリソンさんは90年代に、CTLA-4という免疫細胞にある分子の働きを解明しました。

 もともとはフランスの研究者らが見つけ、アリソンさんが免疫細胞が過剰に働くことを抑える役割があると突き止めました。

 そして、がん細胞がボタンを押さないようにブロックして、免疫細胞が攻撃を続けられるようにする薬「ヤーボイ」の開発につなげました。

――がん細胞がボタンを押すのをブロックするから「阻害剤」なんですね。

 そうです。ヤーボイは世界初の免疫チェックポイント阻害薬として、2011年に皮膚がん(メラノーマ)に対して米国で承認されました。

PD1が治療のブレークスルーに

――本庶さんも同じようにブレーキボタンを見つけたんですね?

 PD-1という分子です。がん治療薬のオプジーボの開発につながり、2014年に米国と日本でメラノーマの治療薬として承認されました。

――なぜPD-1と名づけたんですか?

 PD-1は「プログラムされた細胞死1」という英語の略です。90年代、本庶さんの研究チームが見つけました。

――「細胞が死ぬ」ってなんか怖いですね…

 いえいえ。細胞の自殺(アポトーシス)は、成長の過程でいらなくなった細胞を除去するために必要な機能です。生命科学の分野では重要なテーマでした。

 PD-1は当初、このアポトーシスをコントロールするものではないかと考えられていました。

――だからその呼び名がついたんですね。でも、細胞の自殺とは関係がなかったんですね?

 実験ではなかなか機能が解明できませんでした。

 本庶さんたちのチームは、遺伝子を操作してPD-1を持たないマウスをつくります。アポトーシスを起こせなくなっているので、何か異常が起こるはずでしたが、短期間ではおかしなところがありませんでした。

 ですが長時間観察するうちに、関節炎や腎炎などが起きていると分かったんです。

 これは、免疫が過剰に働いて起こる「全身性エリテマトーデス」という人間の病気に似ていました。

 そこで、「PD-1」が免疫のブレーキ役ではないかという発想につながったわけです。

――PD-1を無くすと、免疫が過剰に働いてしまう病気になった。だから「PD-1は<免疫のブレーキ役>なのではないか」と気づいたということですね。

 免疫のブレーキをつかさどるチェックポイント分子はほかにもあり、その後、チェックポイント分子を利用した治療薬が続々と生まれています。

 日本で承認を受けた免疫チェックポイント阻害薬は6種類に上ります。

 ヤーボイが使えるのはメラノーマなどにとどまりましたが、その次のオプジーボは肺がんや腎細胞がん、頭頸部(けいぶ)がんなど、患者の多いがんでも効果が認められました。それで社会的な関心が急速に高まったんです。

――それが今回の受賞につながったんですね。

 さらに、相当長い間、効果が続き、中にはがんが消えてしまう例も出てきました。このことはとても画期的でした。これまでは、延命効果を期待することにとどまっていた薬による治療が、がん治療の大きな柱となり得ると期待が高まりました。外科治療や放射線治療、化学療法の「3大治療」に続く4番目の治療になると言われるようになりました。

<アピタル:医療と健康のホント>

http://www.asahi.com/apital/healthguide/honto/

(服部尚)

服部尚

服部尚(はっとり・ひさし) 朝日新聞記者

1991年入社。福井支局をふり出しに、東京や大阪の科学医療部で長く勤務。原発、エネルギー、環境、医療、医学分野を担当。東日本大震災時は科学医療部デスク。編集委員を経て、現在は科学医療部記者。