[PR]

 6日午後9時半ごろ、川崎市多摩区菅稲田堤1丁目のJR南武線の踏切で、男性2人が川崎行きの普通電車にはねられ、死亡した。

 神奈川県警多摩署によると、2人は東京都多摩市と調布市に住む30代の会社員。2人は会社の同僚で、この日は休日だったため、夕方から飲みに行っていたという。2人でふらつきながら踏切の遮断機をくぐった後、1人が踏切内で眼鏡を落として捜しているのを目撃した人がいるという。

 現場は稲田堤駅すぐそばの踏切。南武線は約1時間運転を見合わせた。