[PR]

 観光客が集う奈良公園にほど近い、奈良市水門町の日本料理店「夢窓庵(むそうあん)」。白壁に囲まれた庭に、色づいたモミジがのぞく。ツバキが薄紅色の花をつけ、赤や黄、だいだい色の百日草が咲いている。

 高さ2メートルの脚立の上でしだれ桜の枝切りをしているのは田崎唱子さん(76)。この庭を設計施工した造園師だ。「枝が多すぎると影ができちゃうし、風通しもよくないからね」とハサミを動かす。実は田崎さん、店の女将(おかみ)でもある。

 高知県出身。庭造りにあこがれたのは高校の修学旅行で京都の「苔寺」、西芳寺を訪ねてから。約120種のこけが境内を覆っていた。

 「一面にこけが広がる、あの神…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら