[PR]

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ上位6人が戦うGPファイナルは6日(日本時間7日)、カナダ・バンクーバーで開幕し、女子ショートプログラム(SP)があった。GPシリーズ初挑戦で2連勝中の16歳、紀平梨花(関大ク)は、今季世界最高得点となる82・51点で首位に立った。冒頭のトリプルアクセル(3回転半)をきれいに着氷。ほかの2本のジャンプも決めて、ほぼノーミスの演技だった。紀平は「落ち着いてできた。想像以上の点数が出てうれしい」と話した。

 平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(ロシア)が77・93点で2位。同五輪6位の坂本花織(シスメックス)は連続3回転ジャンプを決め、70・23点で4位につけた。同五輪4位の宮原知子(関大)は67・52点で6位。冒頭の3回転ルッツの着氷で詰まり、連続ジャンプをつけられないなどミスが出た。

 女子のフリーは8日(日本時間9日)にある。