[PR]

 サッカーJ2リーグの東京ヴェルディの11年ぶりのJ1復帰は、あと一歩で消えた。それでも8日のJ1参入プレーオフ決定戦の応援に静岡・磐田まで駆けつけたサポーターらは健闘をたたえて拍手した。来年はクラブ創立50年で、名門復活に向けて「来年こそ」のかけ声が飛んだ。

 J116位のジュビロ磐田に0対2で敗れると、応援席はしばらく静まりかえった。選手や監督があいさつに来ると、チームカラーの緑のシャツに身を包んだサポーターらは「よくがんばった」「来年こそ」と大きな声をかけた。拍手しながら涙する人も多かった。

 1993年に開幕したJリーグの初代王者(当時はヴェルディ川崎)で連覇した強豪だった。2001年に東京都内に本拠を移した後、大型スポンサーの撤退などで一時は経営難に陥り、低迷した。それでもスペイン人のロティーナ監督の下で、J2での順位をあげてきた。

 Jリーグ発足前から応援する一…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら