[PR]

 今年春にテレビ朝日系列で放送され、社会現象的な人気となったドラマ「おっさんずラブ」が映画化されることになった。テレ朝によると、2019年春に撮影し、同年夏の公開を予定している。

 タイトルは「劇場版 おっさんずラブ(仮)」。内容はドラマの続編で、田中圭、林遣都らドラマ版の出演者も続投。脚本も引き続き徳尾浩司が担当する。

 ドラマは、モテとは無縁だった33歳の主人公・春田創一(田中)が、職場の上司の黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と後輩の牧凌太(林)から告白され、戸惑いながらも2人の思いを受け止めるうちに、人を愛することと向き合っていくストーリーだった。ピュアな恋愛模様がSNS上などで大きな話題となり、「おっさんずラブ」は「2018ユーキャン新語・流行語大賞」のトップ10にも入った。

 テレ朝では、映画化決定を記念し、ドラマ全7話を、19年1月2日午前6時55分から一挙放送する(関東地区のみの予定)。

■春田創一を演じる田中圭さんの…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら