[PR]

 認知症の前駆状態では、うつ病の症状がみられることがあります。うつ病は「心の風邪」ともいわれるありふれた病気で、どんな年齢でも発症します。高齢になって初めてうつ病にかかることも珍しくありません。

 高齢期うつ病に物忘れや理解力低下などの認知障害がみられるときは、二つの経過が考えられます。うつ病が改善すると認知機能も正常に戻る「仮性(かせい)認知症」と呼ばれる状態と、うつ病は良くなっても(良くならなくても)、認知障害が徐々に進行する認知症の初期症状の場合です。後者ではうつ病に対する薬物療法の副作用のために認知機能をかえって悪化させている可能性にも留意すべきでしょう。

 物忘れは高齢期うつ病と認知症に共通してみられる症状です。うつ病では物忘れに対する本人の苦痛や不安が強いのに対し、認知症の物忘れは自覚が乏しく本人は否定する傾向があります。しかしながら、高齢期うつ病と認知症を初期段階で見分けることは専門医にとっても容易ではありません。時間をかけた症状評価と詳しい認知機能検査や脳画像検査が鑑別診断に必要なこともありますので、早めの医療機関受診をお勧めします。

 高齢期には体の病気を始め、退…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら